ロシア

天剋地冲

「チェブラーシカ」シリーズの作者、エドゥアルド・ウスペンスキー

父は暴君だった─「 チェブラーシカ 」の作家の娘が衝撃のDV被害告白 ロシアの児童文学家エドゥアルド・ウスペンスキーの絵本シリーズ『 ワニのゲーナ 』に登場する、チェブラーシカ。 日本でもアニメ化されるなど人気の高い愛くるし...
ameblo時代の記事

調舒星凝縮の最高峰

この間のドイチェグラムフォンによるYoutubeライブストリーミング、ピアノ祭ですが あれ録画で残ってるので、今でも誰でも最初から最後まで観る ( 聴く ) ことができます。 4月...
天剋地冲

丙戌(ひのえいぬ)

各異常干支の説明はその根拠が一体何なのか不明なことが多い
ドイツ日常生活

こっちのお寿司、子供の送り迎えなど

ドイツでは、というか日本以外の国では大抵そうなのでは?と思われますが 子供の学校の行き帰りは親が付き添います。 集団登校で野放しみたいなのはありません。
ameblo時代の記事

算命学で分かる相性

去年の今頃こんなこと書いてましたシリーズ。 いいこと書いてるから、是非見てみてくださいね  Little House in Duesseldorf, 1856 Ivan Shishkin シーシキン...
世界を旅する

モスクワ 2019年イリヤ・レーピン展(新トレチャコフ美術館)番外編

芸術系ブログなのか 算命学ブログなのか 旅行記ブログなのか 子育てブログなのか 分からなくなっていますが、私が楽しいのでこの調子で行きます。 このあたりの記事関連です さて、モスクワの新トレチ...
世界を旅する

モスクワ 2019年イリヤ・レーピン展(新トレチャコフ美術館)その3

昨日の続きです 今日でシリーズ記事終わる・・・・かな? さて、去年の今頃は1か月日本に滞在していたのですよ。 子連れで! そう、去年も大変だったので...
世界を旅する

モスクワ 2019年イリヤ・レーピン展(新トレチャコフ美術館)その2

では 昨日の続きです。 ロシアに行って私がすっかり魅了されたのは、モスクワでよく話題になる地下鉄。 でも噂のようにモダンで豪華絢爛かというと、私が出没した地域は ...
世界を旅する

モスクワ 2019年イリヤ・レーピン展(新トレチャコフ美術館)その1

私の行ってきたトレチャコフ美術館におけるレーピン展とモスクワ旅行記です。 でも算命学も出て来ます  私がめちゃくちゃ大好きなイリヤ・レーピンはロシアを代表する画家の一人なので、もちろん世界各地でレーピン展が開催されます。 ...
世界を旅する

人生が計画通りに行かなくても

大昔まだ小さかった頃、朝日新聞日曜版を読んでいた時。 あの新聞紙の上に、色の薄いカラーのカサカサの質で モスクワの赤の広場にあるとてもカラフルな玉ねぎ型のてっぺんの付いたお城の写真が載っていました。 何故モスクワと覚え...
世界を旅する

おそロシアのやる気(というか牽制)

挫折しそう・・・ていうかしてる 本日は算命学無関係記事ですよ。ロシアに興味ある人だけ来てね。 おらんな、多分 私の大好きなロシアの画家 Ilya Repin ( イリヤ・レーピン ) 展を訪れるために ...
世界を旅する

レーピンの作品をナマで観たいのだ

5月16日、昨日は松尾芭蕉が奥の細道の旅に出た記念日として 『 旅の日 』 だったらしく さて、次はどこに行こうか?  と真剣に考えてたのですが  ( 旅の日じゃなくてもいつも考えている ) ロシアの画家に...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました