ameblo時代の記事

静寂と調和、そして不協和音

最近このブログのプロフィールに『 私の本質は ≪ 静寂 ≫ です 』と書きました。ふとこの言葉が頭の中に出てきて、それがもうこれ以上ないくらいドンピシャな表現で。この一言を持ってから、自分の意識が自分の中心、自分の核・本質から浮遊してしまい...
ameblo時代の記事

トーラス構造、生き方のお話

知り合いも友人も自分の世界も、多ければ多いほど、広ければ広いほどいい!って当然のように思われてますよね、現代社会って。でもそれって本当?私は広く浅く ( 広く深くでもいいけど ) より、狭く深くが好き。最近思っていたのです自分の内側に深く深...
ameblo時代の記事

夫が家事・育児のできる男になっていったお話④

自分を大事にすると腹を括って宣言
ameblo時代の記事

夫が家事・育児のできる男になっていったお話③

自分でまとめてみて、今改めて驚くほど彼は 激変=大発展 しています というか父親として当然あるべきレベルにまで成長したってだけですが!
ameblo時代の記事

夫が家事・育児のできる男になっていったお話②

勝手に1人で24時間頑張る ( ボロボロな ) 良妻賢母自作自演劇場
ameblo時代の記事

夫が家事・育児のできる男になっていったお話①

産後、奴隷根性炸裂 の巻
ameblo時代の記事

プロフィール② 幼少期: 本質・不思議編

瞬きというのは、あっち側の世界( =自分たちの本来いた場所、こっちは短期的に滞在してるだけだから ) の 「 こっちの世界では忘れてなくちゃいけない秘密 」 を隠しておくためにある ってこと。
ameblo時代の記事

プロフィール① 生まれ~名前とか

両親ともに高卒で出来婚、その第一子として小さめに生まれました。 当時両親ともに ものすごく若かった です。
ameblo時代の記事

『あっちの世界に帰りたい』発作

あっちの世界 ( 生まれる前にいたところ ) に帰りたいという、常にある気持ち。
ameblo時代の記事

北東46度

前から薄々感付いてたんですが 直感が冴える方角 ってあるわ。 私の場合それが北東46度です。
ameblo時代の記事

地球に生まれてきただけでボランティア

地球に生まれてきただけでボランティア  そして 美しき緑の星 ( La Belle Verte )の映画
ameblo時代の記事

陰陽の図、エネルギーの玉

夫婦にも二人一組でひとつこの玉がある。 家族でもひとつ。 多分コミュニティとか国とかそういう大きい単位でも一個あるんじゃないかな?
ameblo時代の記事

はじめに

はじめまして。 このブログを最初から遡って読もうと思って下さった奇特なあなた! ご関心をいただき、どうもありがとうございます。 2020年2月現在、今でこそこのブログは算命学メインのブログになってい...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました