【 広告 】

映画『密偵』とラヴェルのボレロ、そしてまた庚申(1)

 

『 密偵 』という映画を観たんですよ。( 以下ネタバレするかも知れないのでご注意を )

Amazon | 密偵 [Blu-ray] | 映画
ソン・ガンホ, コン・ユ, ハン・ジミン, 鶴見辰吾, オム・テグ, シン・ソンロク, イ・ビョンホン, アート・ヒンドル 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

 

始まってすぐ思いましたね

この映画の監督は Road to Perdition 絶対大好きに違いない!

 

むしろ Road to Perdition のオマージュ映画なんちゃうか?ってくらいカラーが似てる。

Amazon | ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray] | 映画
トム・ハンクス, ポール・ニューマン, タイラー・ホークリン, ジュード・ロウ, ジェニファー・ジェイソン・リー, サム・メンデス 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

 

さて、『 密偵 』の紹介文。

韓国を代表する実力派俳優ソン・ガンホとコン・ユ主演でキム・ジウン監督がメガホンを取ったサスペンスアクション。

日本が統治する1920年代の朝鮮半島。

武装独立運動団体「 義烈団 」監視の特命を受けた元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュルは、義烈団のリーダーであるキム・ウジンに接近する。

誰が密偵かも分からないほど様々な情報が錯綜する中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する目的で京城に爆弾を持ち込む計画を秘密裏に進めていた。

義烈団と日本警察のかく乱作戦が展開し、義烈団を追う日本警察は上海へと向かう。

そして計画通りに爆弾を積んだ列車が京城を目指して走り出していた。

日本警察イ・ジョンチュル役をソン・ガンホが、義烈団のリーダー役をコン・ユが演じるほか

日本から鶴見辰吾が参加し、イ・ビョンホンも出演している。

 

日本統治下で朝鮮独立を目指す要は義勇軍が、やられっぱなしでいるよりも自由と独立を求めて一矢でも報いようと命を賭ける

でも列強国に囲まれ到底勝ち目のない状況がまだ何十年も続くというあのめちゃくちゃ苦しい時代。

このドラマと同じ時代設定です。

韓国歴史ドラマ『ミスターサンシャイン』から歴史的感想
この記事の続き: 最近見た韓国のドラマ『 ミスター サンシャイン 』 これは1875年江華島事件あたりから1904年の日韓議定書後あたりまでの歴史もの。 その歴史に登場人物たちの運命...

 

で、今回これを観てようやく自分で分かったのですが

私は目から入る情報より耳から入る情報量の方がはるかに大きく、分かりやすい。

だからイケメンがどう、誰々がどうとか言われてもさっぱり分からない。

上の『 ミスターサンシャイン 』もそうでしたが、この『 密偵 』も

音の使い方、音楽の選択、導入タイミング、音量などびっくりするほど良かった。

そう!そう、音は本来こうやって効果的に使えるものなんだよ!

と始終思いながら観てました。

効果音も音楽も、どれだけ切り捨てて必要最小限にとどめるかが大切なのだわ。

人生と同じですね。

どれだけ要らないことをしないか、要らないものを食べないか、要らない情報を切り捨てるか、要らないことに気を散らさないか。

これをものすごい良く分かってる人が映画作成に関わってる。

韓国には少なくとも一人、抜群にセンスが良い映画音楽監督がいるわ。

もしかして上の2作品の音楽監督は同一人物だったりするかな?と思ったのですが、イマイチ調べきれず。

 

長くなりそうなので一旦切ります。

つづき:

映画『密偵』とラヴェルのボレロ、そしてまた庚申(2)
昨日の記事の続き、ネタバレ注意: この映画、日本支配からの自由と独立を夢見て密かに活動する朝鮮一般市民の抵抗勢力のお話なのですが あれこれ画策したり、裏切り者が出て日本側に秘密や計画が筒抜けになっていたり...

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

 

+25

コメント

タイトルとURLをコピーしました