【 広告 】

久々に映画について書いてしまう

 

しまった!

今息子3人が アナと雪の女王 を初めて観ているのですが、私がさっぱり分かっておらず

パート2から観ている!!

いや、最初にFrozenⅡと題名が出た時に

これⅡってなってるけど、ってことはパートⅠがあるんじゃないの?

と言ってみたのですが、さっさと観たがった息子たちに急かされてスタートしてはや45分経過。

ま、いっか・・・

 

で、チラッと見て思い出した。

 

私小さい頃からディズニーが苦手でたまらなかったんだった。

 

だからこの大流行した映画も観ておらず、パートⅡがあったことすら分かってなかったのですよね。

以前ハーマイオニー主演の(ていうかエマ・ワトソン)美女と野獣実写版も高評価とかで見始めて

彼女が歌い始めて即ギブアップしたのだった。

映画始まって3分くらいだったと思う。

ライオンキングもそう。

多分不意に好きでもない音楽を最初から最後まで聴かされるというのが苦しいのだと思う。

エネルギーをもの凄いゴリゴリに削られる。

( ファンの皆様ごめんなさい、決して映画を貶しているわけではありません。)

 

映画を観るってエネルギー要りますよね。私が体力ないからそう思うのかな?

観て大丈夫な映画と、全然大丈夫じゃないダメージ受ける映画ってある。

それに気付いたのは随分年齢を重ねてからで、昔は無防備に映画を観て討ち死にしまくっていました。

例えばものすごいダメージくらったのはこれ

最初のノルマンディー上陸のシーンで兵士とともに私も死にましたね。

何だよあれ。

前もって警告しておいてくれよ( してたのかも、私が知らなかっただけで )

それ以降、戦争映画および現実にあり得る暗い映画は余程観たいものだけ、覚悟を決めて観るようにしています。

 

一方、全然無防備に観れちゃう作品もありますよね。

私がお勧めなのは、この癸巳のドゥエイン・ジョンソン主演映画シリーズ。

癸巳、関係なし(笑

癸巳仲間を再び発見!The Rock, ドウェイン・ジョンソン
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 久々に見つけてしまいましたよ 癸巳 仲間 え、何?って? 誕生日から導き出す四柱推命のこういう命式 この赤い部分が本人を表す部分で 癸巳 は 夏の雨。 この...

 

ちょっと古いですがこれなんて

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥2,619(2020/09/21 15:58時点)

めちゃくちゃ笑ったわ。続編はイマイチだったけど。

彼主演の作品って、豪快で全てが彼に都合よく進んでいくので安心して観れるのです。

心に負担が一切ない。

精神にかすり傷すら残さない。

これってすごいことなんですよ!

HSPでもエンパスでも安心して観てゲラゲラ笑って終われる映画ってなかなかないのよね。

多分作ってる本人やそのチームが、その辺ものすごい配慮してるんじゃないかなといつも思う。

人間、普段の生活だけでもストレス溜って傷だらけになるんだから、映画くらい娯楽の安全地帯として提供したいよね、という強い意志が感じられる。

これもお約束通りの大団円で面白かったです。

スカイスクレイパー [AmazonDVDコレクション]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥1,000(2020/09/21 15:58時点)

 

と言いながら私が一番好きな映画Top3はこれ

カラー・オブ・ハート [DVD]
ワーナーホームビデオ
¥1,924(2020/09/21 15:58時点)

これはホントすごい。めちゃくちゃ本質を突いてる、本質剥き出しのいい意味で大ダメージを受ける映画。

 

灼熱の魂 [DVD]
アルバトロス (映像)
¥1,254(2020/09/21 15:58時点)

これは覚悟して観ても、めちゃくちゃ大ダメージを受ける映画。こういうことは実際にあってもおかしくないだろうという話。

最後、そう来たか!そう終わるのか!というあまりに意表を突く流れ。

そして素晴らしい作品。

 

これは話自体はもの凄く地味。

でも登場人物の心の機微の表現がどこまでも観ているこちらに沁みる作品。

ああそうなんだよ、そう、そこでそうなるよねえ・・・としみじみ。

イタリア映画っていいよねえ。

 

そして背景の自然風景が最高過ぎて、イタリアのプロチーダ島にまで実際に行ってしまったわ(笑

以下、プロチーダの写真をいくつか:

 

次にイタリアに行けるのはいつかな。

 

応援ありがとうございます♪  にほんブログ村 その他趣味ブログ 算命学・易学へ

47+

コメント

タイトルとURLをコピーしました