算命学

算命学

天将星の記事にいただいたコメントとそのお返事

この記事からの流れ: コメント欄表示の故障がどうも直らないのですが、気になっているコメントへのお返事 コメント欄が直るまでこちらに掲載させて頂きますね。 の記事へ『 自分は車...
学問的重要事項の考察

運気の切り替わり、接運や立春前後について

私の体感から、運気の切り替わりである接運や立春前後について書いてみますね。 1年の運気の切り替わりは立春、そして10年ごとに変わる大きな運気の切り替わりである接運は各自違う。 どちらも日付でいつか分かります。 ...
映画

『南山の部長たち』軍事政権のトップとまたもや庚申

この記事から一応続く: いや~ なんでみんなすぐに人の顔や名前を覚えられるんだい? 最近この映画『 KCIA 南山の部長たち 』を観始めたのですが もう誰が何か全然分からん。い...
天中殺

寺山修司氏の詩と宿命中殺(ついでに異常干支と天剋地冲も)

寺山修司さんの詩を見かけまして ああ、これは宿命中殺! と思ったのですよね。 内容から何となく鳳閣中殺じゃないかな?と思ったのですが、命式を拝見するとこんな感じでした。 宿命中殺さ...
算命学

人生の最終目的は具体的に分からなくてもいいと思う

Netflixで『 ストリート・グルメを求めて:アジア 』という組曲・・・じゃないな、シリーズ番組?がありまして。 いくつかの国が取り上げられ、それぞれ30分一話でまとめられています。 その中で日本(大阪)、タイ、韓国の...
算命学

田中邦衛さん

田中邦衛さんがお亡くなりというニュースを見かけました。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 私は日本の芸能系・作品に大変疎いのですが、この方は『 北の国から 』で存じ上げております。 そうだ! ...
異常干支

異常干支の謎

皆さんこんにちは。すっかり春ですね。 日本もお花見ができるくらい桜が満開なようで、ネットで眺めて楽しんでいます。 今週から春休みが始まったので早起きや送り迎えが一旦停止でホッと一息。 さて、そういうわけでドイツも夏...
算命学

お金は中継点においてバランスを取る最適なツール

算命学の高尾宗家の鑑定は時間は一瞬、にもかかわらず結構な鑑定料だったと聞いたことがあります。 講座も最後の方は結構な額の設定だったとか。 私がご著書を拝読するたびに感じるのは、本の向こうに広がるとてつもなく大きな...
◆ 重要

安倍晴明の命式と天報星や害法について(2)しんどい命式は天罰なのか?

この記事からの続き 晴明さんは命式に害と生貴刑を二重にお持ちです。 害についてはこれだけ長くサイトをやっていながら今まで書いたことがないのでは?と思います。 害も刑も私は宿命...
異常干支

安倍晴明の命式と天報星や害法について(1)

算命学の話読みに来てんのに、な~に映画の話ばっかりしとるんじゃコラー! と言われそうなので、本日は算命学の話を。 ( 注:私の読者様にはそんなガラの悪いかたはいらっしゃいません ) 安倍晴明って実在人物でしょ?...
◆ 重要

人生を疎かにすると自分の存在の真ん中に空洞が出来てしまう話

数か月前に中国版『 陰陽師 』の映画をNetflixで観まして。 これは予想外にといいますか、あまりにも斜め上な感じですごい面白かったので映画の感想はまた明日書こうと思います。 さてこの映画を観た時、最初の方にこ...
算命学

人間の価値と役割の上下、算命学は男尊女卑なのか

ちゃうよ!( いきなり出オチ ) たまに『 算命学は男尊女卑でヤダ 』みたいな勘違いをしている人がいますが、全っ然どこにもそんなこと書いてないからね! 算命学は皆様ご存知のように 陰陽論 と 五行論 が合わ...
算命学

天性の福徳、先祖からの恩徳、天印星など 

天印星という星がありまして、これは『 有中の無 』であり『 原因と結果における原因担当 』になります。 平たく説明すると、天印星というのは要は在り方が赤ちゃん状態。 赤ちゃんは確かにこの世に存在している=有 けれど...
算命学

李舜臣はやはり。

韓国のドラマを観ていると、結構な頻度で 李舜臣 が出て来るんですよね。 例: あまりによく出て来るので、これはもしかして歴史上の有名人なのか?と思って名前を調べてみると 韓国では救国の英雄らしく、何...
算命学

冬生まれの水性には戊が吉。

この辺りは今頃の季節になると川が増水します。 私は関西の特に大きな川もない地域の出身なので、始めは意味が分かっていませんでした。 これ、この時期になるとアルプス山脈の雪が溶けてどんどん川に流れ込ん...
【 広告 】
タイトルとURLをコピーしました